オドバンデオドラントバーム 40歳

加齢臭 若い男性 女性 出やすい人の特徴 効果的お風呂の入り方

 

加齢臭といえばおじさん臭というイメージですが、最近では若い男性や女性にも増えてきているらしいです。
早いうちから、生活習慣を見直すなど、対策が必要かもしれません。

 

チーズや古い油のような臭いと言われる加齢臭ですが、早い人では20代後半から臭い始める人がいます。
人間の嗅覚の性質上、臭っていても自分で気づくことは難しいです。また、石鹸やシャンプーを使って清潔にしていても、加齢臭を落とすことはなかなかできません。

 

次に加齢臭が出やすい人の特徴は次のようなことが挙げられます。

 

・日々、シャワーだけで済ませている人
・運動不足で家に閉じこもりがちな人
・親が加齢臭であれば自分にも加齢臭が出る可能性が高い

 

また、この加齢臭を改善するための生活習慣に関する方法には以下のようなことがあります。

 

・1回でコップ一杯分を目安にして、2リットルほどの水分を1日かけて飲むこと。
 そのようにして水分を摂ることで、自ずと代謝を上げていきます。

 

・脂っこい食事を減らして、加齢臭を作る活性酸素を減らす効果のあるビタミンEとビタミンCをとるようにすること

 

・ストレスを抱えないよう配慮し、睡眠と運動の時間をしっかりと持つこと

 

効果的なお風呂の入り方には以下のようなものがあります。

 

・10分から15分間ほど、手足だけを熱いお湯につける。そうして鍛えられた汗腺によって代謝を促進します。

 

・Tゾーンと呼ばれる頭、顎、鼻筋にかけての場所や、耳と首の後ろ、背中と胸を入念に洗うこと

 

・お風呂から上がった後は、1時間ほど経ってから塗るようにすること。そうして体温を下げることで、寝汗をかきにくくします。

ホーム RSS購読